お知らせ
HOME > お知らせ > 6/22 IMACoCo Cafe 4th ×CHLを行いました。

6/22 IMACoCo Cafe 4th ×CHLを行いました。

2019.06.26

IMACoCo Cafe とは、日本語にすると「いまここかふぇ」  

あれ??なんか聞いたことがあるぞ。という方、実は、地域の健康交流かふぇを「いまここかふぇ西町東」、専門職多施設高度協働会議カフェをアルファベットの「IMACoCo Cafe」といいます!

呼び方一緒なんですよ。初めはアルファベットの「IMACoCo Cafe」からはじまりました!(^^)!

字にすると別物ですが、困ったのは電話の時「イマココカフェの件なんですけど・・」と言われるとどっちの方ですか(笑)と事務員さんが困ってしまいます。

ややこしくてすいません(+o+)

前置きが長くなりましたが、今回、1部はコミュニティ・ヘルスケア・リーダーシップ学科(CHL)とコラボ企画で、CHL学科を卒業生が、今現在どのような活動をされているかを発表をしました。

私も地域の「いまここかふぇ西町東」の紹介をさせていただきました!

 

2部は講演「ぼけてもいいよ」  村瀬孝生さん 宅老所よりあい代表

+シンポジウム「認知症の意思決定支援」でした。

村瀬さんの講演を私は初めて聞きました。

村瀬さんが話していると、その情景が浮かぶようなお話ばかりで、介護の大変さ、面白さも織り交ぜながらで、時間もあっという間でした。もっと聞きたかったです!!

老いていくと違う景色をみていたり、ピントがズレているところも多いですが、そこをいかに合わせていくか、歩み寄るか、関わりを大事にするか…

生活習慣化するまでお付き合いすれば出来るようになるんですね。

生活習慣というと、私は職業柄、生活習慣病という病気をイメージしてしまうのですが、良い意味での生活習慣です!!

私も3歳5歳の子育てしているので、子育てと似たものがありますね。イライラしたり、笑ったり、感情の入れ替わりが激しいですもんね(^^)/

出来るようになるまでとことん付き合う!!とても学び多い1日でした。

 

村瀬孝生さん プロフィール 「老いて障害を抱えても、住み慣れた街で自分らしく暮らす」を実践理念に高齢者の在宅生活支援に取り組んでいる。 著書に「おしっこの放物線」「ぼけてもいいよ」「おばあちゃんがぼけた」「あきらめる勇気」「看取りケアの作法」 等がある。

DSC04608 DSC04620 DSC04621

管理栄養士 野中

 

 

 

 


PAGETOP